料理

缶詰の温め方

投稿日:2015年5月14日 更新日:

先日、缶詰の中身をせっせとさらに移してレンジで温めたら・・・「ボン!」

びっくり

爆発しました(笑)いや、もちろん缶詰から出してお皿に移して軽くラップしてやったんですよ。

ん~これが最善の策だと思いやったのですが、調べてみるとなにやらレトルトパックのように、湯煎でできるそうです。なんかこっちのほうができそうな気がする・・・簡単で楽そうだな。

ってことで今回は缶詰を温める方法をご紹介します。

缶詰の温め方

湯煎で温める

湯煎でやる場合、大事なことは「缶詰のふたを少し開けておくこと」です。完全密封のままだと膨張して危険ですからね。

鍋を用意して、缶詰の半分まで水を入れます。水が沸騰し始めたらふたを少し開けた缶詰を缶ごと入れ、5分温めると完成です!

沸騰しすぎて水が無くならないように注意しましょう。また缶詰をそのままは怖いって方は、ジップロックに入れて湯煎にかけるものあり!


ユーチューブ:缶詰の温め方  How to warm up a canned food

レンジで温める

それでもやっぱりレンジで温めたいわって人もいますよね。ちゃんとできている人の方が多いと思いますが、私のように爆発する人もいるはず。

そして何より、缶詰を売っている会社の缶詰の温め方は「お皿にうつしてレンジで温める」ことなんです。

けどそれ通りにやったのに爆発したんですけどね。色々調べてみると・・・魚系はよく爆発するようでみんなの悩みの種のようです。対策としては「そこそこ温める」「深皿で温める」「レンジ対応のタッパーで温める」という方法が出てきました。

爆発しないようにそこそこ温めるって・・・(笑)

お魚系はレンジには向いてないのかもしれません。

フライパンで温める

そして、一番おいしくできそうなのがこの方法「フライパン」です。これは手間や洗い物は増えますが、種類選ばず何でも簡単に失敗なくできそうですね!

コツはすべて弱火でやることで、ささっと温めるのがおいしくできるコツです。

直火で温める

BBQなどは直火で缶詰のまま直接温める人もいるようで、この場合は湯銭と同じくふたを少し開けておくのを忘れずに・・・。

さんまのかば焼きや、やきとりなんかは網に直接おいて焼くと美味しそうですね!

一言

ということで、次からは湯煎にしようと思います。最近美味しそうな缶詰も増えて、リッチな缶詰もあるんですよね~!忘れてはいけないことは「ふたを少しあけること」。

-料理
-,

Copyright© まめず★ブログ , 2018 All Rights Reserved.