ブログの始め方

初心者でもわかる!初めてのサーバー取得!レンタルサーバーって何?

T-REX
サーバーって色々あるみたいなんだけど、どこを使えばいいのか・・・そもそもサーバーって何?

こんにちは!まめこです!

前回の『ドメインってなに?』に引き続き、今回はサーバーについてまとめていこうと思います!

「ホームページを作ろう!」「ブログを始めよう!」と思った時に出くわす『サーバー』というワード。

「そうか、サーバーってのに登録しないといけないのか」とサーバをみてみたものの、サーバーの種類の多さに困惑して、色々調べている段階ではないでしょうか?

ドメインは何となくわかるけど

こんな疑問をお持ちの方へ

  • ブログをやお店のホームページを作りたいんだけど…
  • そもそもサーバーって何?
  • サーバーって無いといけないの?
  • どこのサーバーがいいの?
  • サーバーの容量ってどのくらいがいい?
  • 気を付けるべきポイントは?
  • 割引や特典の情報を知りたい

という方に向けて、サーバー利用歴10年の経験を生かしながら、記事を書いていこうと思います!

\ ドメインについてはこちら /

あわせて読みたい記事

サーバーとは

初心者でもわかるサーバー

そもそもサーバーは、英語で書くと「server」といい、サービスを提供するコンピューターのことを指します。

サイト投稿者やサイト作成者がサーバーにデータを送ることにより、大量のデータや画像がサーバー上に保存されていきます。

その保存されたデータを、サイト閲覧者の要求に応じて、サーバー側から適切な情報を見れる形で提供してくれています。

webページ以外にも、音楽やゲーム、メールの閲覧、SNS、ネットショッピングなどインターネットに関わる全てのものがサーバーを通して閲覧・利用できる仕組みになっています。

サーバーの役割

  • データの保管
  • 共有
  • 情報処理
  • コンテンツの提供

投稿者やサイト作成者、アプリ作成者がアップした情報をサーバーに保存することで、データを閲覧者に共有・コンテンツを提供(今見ているページや今閲覧しているページのこと)することが可能になります。

こうしてブログを見ているのもサーバーへ要求して変換され、今現在ブラウザに表示されているという状態です。

ブログを作成、投稿するためにサーバーが必要になんだなってのは、なんとなくわかってきたと思います!

  • 【無料ブログの場合】ブログのサービス会社がサーバーと提携しているため、利用者はサーバーの契約が必要ではない
  • 【有料ブログ】個人でブログを持つために、インターネット上にアップするためにはサーバーが必要になってくる

というわけです。

割と、サーバーは身近なものとして存在しています。

サーバーの種類

サーバーには主に4種類あります。

  • 専用サーバー(個人)
  • 共有サーバー(レンタルサーバー)
  • VPS(専用と共有の間)
  • クラウドサーバー

今回は、ブログの開設やお店の簡単なホームページ開設の方に書いているので、この中から一番最適な共有サーバー(レンタルサーバー)についてピックアップして書いていこうと思います。

ブログ作成なら共有サーバー一択

共有サーバーは、1台のサーバーを複数人で共有(シェア)して使用します。

1つの物件に複数人で住んでいる「シェアハウス」ととらえるとわかりやすいかなと思います。

1人が冷蔵庫内を大きく占領してしまうと、他の人の容量が少なくなってしまうように、サーバーにも容量が存在します。

共有サーバーも同じように、1つのサーバーの容量を複数人でシェアしている状態なので、他者の影響を大きく受けやすくなることがあります。容量が少なくなってきたり、足りない場合は上位プランへプラン変更するなどして対応が出来ます!

  • 1台を複数人でシェア
  • 定額課金制
  • 自分で構築・メンテナンス・運用するスキルは不要
  • WordPressの導入が手軽
  • 他のサーバーに比べて安価
  • 他の利用者の影響を受けることがある(自分のサイトの表示速度が遅くなる等)
  • 主にブログやお店のホームページなどで利用される

レンタルサーバーは、サーバーの知識が全くない状態でも気軽に利用できるのが最大の魅力です。

私もレンタルサーバーを利用して、複数のブログを運営しています
まめこ

どこにする?レンタルサーバーの選び方

調べてみると、レンタルサーバーの会社はたくさんあるんですが、一体どのポイントを見て、どこがいいのかって悩みますよね。

初めてブログを運営する上でおさえておきたいポイントは

  • WordPressが使える
  • SSL(無料・有料)
  • カスタマーサポート対象
  • 安定さ
  • メジャーな会社

SSLとは

【SSL】とは、インターネット上のデータをウェブブラウザとサーバ間で暗号化するものです。

お問い合わせフォームやコメント欄、ショッピングなど、個人情報を入力して送信する際に、データを暗号化することにより、悪意のある第三者からの盗聴・改ざんを防ぐ役割があります。

SSLを使用したサイトは「http://」から始まるものではなく「https://」から始まっています。また、サイトのURLを見てみるとわかるんですが

URLすぐ横に鍵マークがついています。

SSL化されていない場合URL横に「保護されていない通信」という文字があり、場合により警告文も出ます。

このSSL化はサーバー会社により、無料または有料で導入できます。

どんなレンタルサーバーがあるの?

調べてみると、レンタルサーバーの会社はたくさんありますよね。

  • WordPress簡単設置
  • SSLが無料
  • データ容量申し分なし
  • メールサポート対応OK
  • 自動バックアップ機能あり
  • 無料お試しあり

に絞って、有名どころをピックアップしてみました。

サーバー料金特典
エックスサーバー(X10プラン)1,100円(税込み)ドメイン1つ永久無料
ロリポップ!(ライトプラン)220円(税込み)ドメイン1つ永久無料
ヘテムル(basicプラン)880円(税込み)-
お名前.com1,078円(税込み)ドメイン1つ永久無料
さくらレンタルサーバー(スタンダードプラン)524円(税込み)-

※料金は1年間の料金から月額分を割った金額を基準にしてます。
※プランの中でも最安値かつWordPressを利用できるプランの価格帯です。

今回ピックアップしたものは、割とよく聞くレンタルサーバーの会社で、結構どこも似たり寄ったりながらもブログ運営には申し分のないサービス内容でした。

大きく違うところはデータ容量のGB数になるかと思いますが、どのサーバーでも十分な容量があると思います。

わたしも迷って迷って決めたのに、結局使いずらさを感じて途中でエックスサーバーへ引っ越しもしました。結局上手く選べなかった人なのですが、今はもう使い易さから10年ほどエックスサーバを利用し続けています。

エックスサーバーがおすすめ

ずっと使い続けているエックスサーバーのここが良かった。

  • 100万PV近くになった時も問題なく安定してブログが表示できた
  • 個人的にとても使い易く、わかりやすい
  • WordPressの導入が1分くらいで完了
  • サポートセンターのレスポンスが早い
  • 利用者が多いので困った時に検索で探せる
  • Googleアドセンスからの急な対応にもすぐに設置・導入してくれる
  • 海外からも利用可能

1番は利用者が多い分、何かを導入しなければいけなくなったり、これってどうやるんだろう?と思った時に検索をすると、だいたいのことは解決できるのが魅力的だなと思います。

\ ドメインについてはこちら /

\ おすすめ /

エックスサーバーを見てみる

※サーバ契約でドメイン永久無料実施中!

まとめ

今後もサーバーに限らず、いろいろな局面で「あれ?これ、どうするんだ?」「画面が真っ白になったーー!!」という場面がいくつも出てくると思うんですが、慣れないうちは

  • 使っている人が多い
  • よく見かけるもの

を使用するのがポイントになってきます。

みんなと一緒は嫌だなと思う人もいるかもしれませんが、使用している人が少なければ少ないほど情報がありません。

解決策が見つかりやすいのがストレスなく長く続けられるコツです。慣れてから冒険するのもいいかもしれません。

ではでは。

-ブログの始め方
-