0歳 1歳

歯ブラシの克服から歯磨き大好きな息子になるまで

歯ブラシの克服から歯磨き大好きな息子になるまで

こんにちは、もいです!

息子1歳4カ月。今では歯ブラシ大好きで、夫が歯磨きしてれば自分もやると洗面所へ直行!そして、歯磨きするよーと歯ブラシ片手に座ってるとゴロンと膝に寝そべります。

とはいっても、ここまで来るのに結構歯ブラシを投げられたり、かたくなに口を開けなかったり大変だったんです、しかもプレ歯ブラシ(ギザギザしたやつ)と本番の毛が付いたブラシの歯ブラシで計2回も抵抗されて「え、プレ歯ブラシって、歯ブラシに慣れるための歯ブラシじゃなかったの?」て。

今回はわたしがやった歯ブラシ克服までの実践段階を書いていこうと思います。

我が家の歯ブラシの流れ

我が家は、しっかり歯を親が磨いてから→息子が自分で好きなように磨く(ほぼ噛んでるだけ)ってのが主な流れにしてます。

途中で飽きたり、なんかもう全然渡してくれなくて気づいたら飽きちゃって磨かせてくれないみたいな状況があり、この流れになりました。夫と2人がかりでやるとかはなく、歯ブラシに慣れさせる段階からわたし1人でやってます。

こうなってくると、お母さんだけしか磨かせてくれないのかと思いきや、歯ブラシが好きなのでお父さんでも全然OK!

初めての歯ブラシとの遭遇

息子の歯が生えてきたのが、11カ月くらい。結構遅い方で『歯ブラシは歯が生える前に慣れさせた方が良い』というのを聞いて、8カ月くらいからチャレンジし始めました。←8カ月中には生えてくるだろうと思ってたんです(笑)

一番初めに使い始めた歯ブラシは、リッチェル!

3カ月から使用できて、持ち手が輪っかになってるので持ちやすくて、喉付き防止や、口の中に突っ込みすぎる心配もないと思って、手始めに歯ブラシの感覚に慣れてもらおうと思い購入しました!

もい
歯が生え始める前は、ブラシではなくギザギザした歯ブラシがいいそうです!

あとはこのEDISONMAMAも見た目かわいくて、リッチェルは丸いところを全体的に持ってたんですが、これは両手で持てるのと、中心を片手で持てるのもあり、ボーっと無心でハムハムしてる時はこっちを使ってることが多かったかな。←持ち運び用と家用でわけてました。

初めの慣れるまでは、まぁーーーー嫌がること嫌がること!!!!とにかく近づけただけで、奪って放り投げる!笑

結果的には、この3カ月から使える持ち手が丸い歯ブラシは、息子には大正解でした♥

まずはプレ歯ブラシに慣れてもらおう作戦!

作戦1 機嫌がいいときに差し出す

機嫌がよさそうな時に、良いテンションのまま歯ブラシを差し出してみる作戦!

歯ブラシを擬人化させて「テクテクテク、パクッ」とか言いながら口元に持っていくっていうのをずっと続けていたんですが、、、

【結果】テンション爆上げのまま、その勢いで投げる

でも根気よく2週間くらい毎日続けてたら、パクって加えるように!

ポイントは『少しでも嫌がるそぶりをしたらやめる』こと。何日か根気よく毎日続けていると「あ、これ遊んでるな」って時が来て、その時に嫌なそぶりをしても2回か3回くらい「テテテテテ、パク!(ぷい!笑)テテテテテ、パク!(ぷい!笑)」ってやってるうちに急にパクっと食べるようになりました。

あの時は咥えたことに驚きを隠せなくて「え、え、え、え、えーーーー!」って言ったらさらに息子大爆笑。咥えられたら咥えられたことを褒めてあげると効果的です!男の子の場合は特に(笑)こういう楽しい雰囲気が大事なんだなと。

1回咥えちゃえば、おしゃぶりと感覚が似てて、尚且つ歯が生え始める痒さとかで、その後は自分からガシガシ噛むように。

作戦2 おもちゃかな?

おもちゃだと思ってもらおう作戦!

とにかく何でも口に入れるのが好きなので(なのになんで歯ブラシはダメなのかわかんない)おもちゃ箱の中に入れておけば、そのうち気が向いたときに口に入れるんじゃないかと、、、

【結果】見向きもしない、しかも埃がつくしこれは失敗×

作戦3 ママと一緒に

ママと一緒作戦!

これは特に意識してなかった作戦で、たまたまお風呂上りに自分の歯を磨きながら、毎日「〇〇も歯こしこししよ~(どうせしないだろうけどな)」と言いながら歯ブラシを差し出してて、わたしの歯ブラシには興味ありそうだったので、一緒に手で持って息子に磨いてもらってました。

【結果】1週間くらいで一緒だとやってくれる

 

全体的な効果としては

  • 一緒に磨く
  • 嫌がったらすぐにやめる
  • 楽しい雰囲気を作る

歯ブラシが楽しいものだって思ってもらえたのがまずは第一歩!

このプレ歯ブラシは特に持ち手が持ちやすいのが効果があったみたいです!安心しても持たせておけるので、危ないからって取り上げることもないし、何もないときにもガシガシ噛んでました。

本番のブラシの歯ブラシに苦戦

問題はここから!

歯が生え始めてきたのと、もうすぐ1歳になるということで、プレ歯ブラシから卒業してブラシの歯ブラシにチャレンジ!プレもやってるし、全然大丈夫だろうと「あーーーん」と口元に運び「パクッ」っと咥えた瞬間、渋い顔して断固拒否!

今はもう慣れてくれてて、使ってる歯ブラシがこちら。

喉付き防止も付いてるので安心。

こうなってくると、歯が生えてるのもあって、歯磨きできないことへの心配が加速。幸い先生には、まだこのくらいの年齢ならガーゼで磨く程度でいいですよっと言ってもらい『メッシュの凸凹構造かつ、キシリトールが配合された歯磨きナップ』を併用して使ってました。

息子は断然イチゴ味だったんですが、普通の自然な甘みのキシリトールタイプもあります。

1回普通のブラシの歯ブラシを口に持って行って、嫌がったらやめて歯磨きナップをするって感じでした。

歯磨きナップは指に巻いて、口の中に指を入れて歯を磨くので簡単でいいんですが、歯磨きナップすら嫌な日も結構ありました。歯磨きナップは嫌いになろうが関係なかったので、そのままグイっと口の中に入れるか、歯の表面だけササっと拭いて終わりにしてました。

ブラシ歯ブラシで磨かせてくれるまでの道のり

Step1 歯ブラシを咥える

ブラシの歯ブラシは、特に作戦などはなく地道に毎日口に近づけるようにしてました。凄い嫌がるときは、まぁ今日はいいか、とやめ。高速ハイハイで逃げることもあるし、全く興味を示さないこともあれば、顔をのけぞっていやがることも。のけぞるのが一番多かったかな。出来るだけ泣く前に辞めるように心がけていました。

特に「さぁ!磨くぞ!」って感じではなく、自分も歯ブラシを咥えて(持ってたり)「こっしこしするよ~♪」といった軽いノリで近づいて行って、歯ブラシを口元に持っていく→顔を背けるだけなら2、3回口に近づけてみてそれでもしなければ歯磨きナップに切り替え。口に入れれそうな瞬間があれば、入れてみたり。

息子が歯を磨かなくても、わたしは歯磨きタイムになれば息子に隣で見守られながらずっと自分の歯を磨き続けています(笑)これくらいの時期って人の真似したいブームなので、それに乗っかってくるかなと思い(当時11カ月くらい)

親の歯ブラシには興味津々だったので、触りたければ一緒に触れるようにして、触ってるときに「〇〇のもあるんだよー!あーん!」と見せていたら、自然と取り上げられてパクっと咥える様になりました。入れた瞬間ポイっとされることも多々繰り返しつつ、1週間くらいでやっと普通に渡したら、安定して歯ブラシを自分から咥える様になりました。

まずは、咥えてくれれば第一歩!笑

こんな感じでスタートして、それでもまだ磨かせてくれることはなかったので、歯磨きナップと併用しつつ様子見で過ごしていました。

Step2 親が磨く

歯ブラシを咥える様になったものの、数秒くらいでポイっとされるか、気づいたら床に落ちてるみたいなことが多々あり。

友達に「6カ月から使える歯磨き粉がいいよー!歯磨き粉が美味しすぎて、あれ使うと自分から歯磨きしてーってくるから」と教えてもらい歯磨き粉を導入!この歯磨き粉パワーが凄い!

歯磨き粉を付けてるところを見せてたんですが、その段階から「早く貸せ!」と言わんばかりに興味が凄くて・・・でも性格的にバッと食べるタイプではないので口に近づけてみたら恐る恐るパクっと。食べたことない味に「うえっ」と出しつつも、ちょっと味わってやっぱり欲しいと。

歯ブラシ好きが加速した瞬間でした。

あとは磨かせてもらうだけ!

色々試してみたものの全然貸してくれないので、息子が自分の歯ブラシを咥えたまま、わたしの歯ブラシを触りに来たときにわたしの歯ブラシを持たせたまま(喉に刺さらないように全力で噛みしめてる)わたしが息子の歯ブラシを持って歯を磨くスタイルに変化しました。

後々日本にいる友達に聞いたら助産師さんが「余ってる歯ブラシを子供の手に持たせてあげるといいですよ」って言ってたと教えてもらいました!こっちの方が安全で良いと思います。

これで親が磨くステップ完了!でも立ったままだと本当磨きにくい。

Step3 ゴロンとさせる

あとは、ゴロンと寝かせるだけなんですが、これが結構大変で。息子はおむつを替えるときもなぜかゴロンと寝転がるのを嫌がるんですよね。

一応初めに「はい、ゴロンして~」と声をかけるんですが、まぁーしない!!

ここまで来ると強硬手段。無理やりゴロンとさせる。起き上がってもゴロンと。で、泣く。

なので、ゴロンとしたときにすかさずコショコショ攻撃。楽しくなった頃を見計らって、そのまま歯磨きに移ること数日「ゴロンして~」の合図でゴロンとするようになりました!

歯磨き粉

今使ってるのはサラヤのアラウベビーシリーズの歯磨き粉『アレルゲンの心配がある成分は一切無添加で、天然ハーブを配合。石油系合成界面活性剤をはじめ、合成香料・着色料・保存料 無添加で、研磨剤や発泡剤も不使用。なので、口がすすげなくても心配ない 』ってのに惹かれて初めての歯磨き粉に選びました。

あと、美味しい!清涼感は一切なし。

もうすぐ1歳5カ月で、だいたい1歳6カ月くらいから歯磨き粉の種類が増えるイメージあって、そろそろフッ素入りにした方がいいのかなと。でもまだ歯が6本しか生えてないんです。家に用意してあるのが

あと寝る前だけでもケアできればと・・・小児歯科医と共同開発されたという、泡の歯磨き粉。これ寝る前にできるので、口すすぎがいらいと書いてあって、購入しました。

子ども用の歯磨き粉って意外に種類があって悩ましい。

まとめ

今では「コシコシするよー」と声をかけるとダッシュで洗面所に行ってスタンバイ→我が家は歯磨きはリビングでしてるので、歯磨き粉を付けて、息子の歯ブラシを見せつつ移動→わたしが座ったらそのままゴロン→仕上げ歯磨き→自分で好きなだけ歯磨き→くちゅくちゅ

が主な流れになってます。くちゅくちゅやらせてみたらくちゅくちゅまでやらないと気が済まないらしく、わたしの歯磨きが終わってうがいをし始めると急いで歯ブラシを渡して、イスをばしばし叩きにきます。(洗面所の隣が寝室で、手洗いとか届かないから椅子を使ってたらそういう椅子だと認識したらしい)

くちゅくちゅする姿もずっと見てたのもあって、教えてなくてもできるもなんだなと感心しました。4回に1回は飲んでるけど。

基本的に、この年齢はなんでも楽しくなったらやる傾向があるって気づいて

  • 毎日毎日根気よくやる
  • 同じタイミングでやるようにする
  • とにかく楽しい雰囲気で隙を見て笑わせる
  • 一緒にやる←子がやらなくても親だけでもやる
  • 褒める(一緒に喜ぶ)

ってのがよかったのかなーと。もうなんていうか、ここまで毎日毎日人のこと考えたことはないってくらい考えて悩んでる。

歯ブラシの克服から歯磨き大好きな息子になるまで

0歳 1歳

2020/4/18

歯ブラシの克服から歯磨き大好きな息子になるまで

こんにちは、もいです! 息子1歳4カ月。今では歯ブラシ大好きで、夫が歯磨きしてれば自分もやると洗面所へ直行!そして、歯磨きするよーと歯ブラシ片手に座ってるとゴロンと膝に寝そべります。 とはいっても、ここまで来るのに結構歯ブラシを投げられたり、かたくなに口を開けなかったり大変だったんです、しかもプレ歯ブラシ(ギザギザしたやつ)と本番の毛が付いたブラシの歯ブラシで計2回も抵抗されて「え、プレ歯ブラシって、歯ブラシに慣れるための歯ブラシじゃなかったの?」て。 今回はわたしがやった歯ブラシ克服までの実践段階を書い ...

ReadMore

0~1歳児がよろこぶ5つのパターンの室内遊び

0歳 1歳

2020/4/15

0~1歳児がよろこぶ5つのパターンの室内遊び

全世界でコロナウイルスが大流行中、今いる国でもスーパーへの買い出し、病院、犬の散歩以外は自宅待機なのですが、完全に飛行機も止まりロックダウン状態から3週間ほど経ちました。でも、みんなが家にいるかいあってか1日あたりの感染者もどんどん減少傾向! 今回は、そんな中1歳児とともに楽しめる遊びと、これがあった方がいいよって言うものをまとめていこうと思います。 目次を見る1 おもちゃで遊ぶ2 みて遊ぶ3 座ってあそぶ4 身体を動かして遊ぶ5 家事手伝い おもちゃで遊ぶ 最近ではおもちゃをレンタルできる会社も増えてき ...

ReadMore

1歳の息子が大好きな絵本10選

1歳

2020/4/14

家の絵本の中で1歳の息子がさらに大好きな絵本10冊!

現在1歳4カ月の息子は絵本が大好き! 今回は、1歳の息子が何度も何度も読んでとせがむ絵本と、楽しくてついついテンションが高くなっちゃう1歳の子におすすめの絵本を紹介します! 現在住んでいる国では、日本の絵本は関税の関係で高いため、基本的に一時帰国の際に購入したり、Amzonで注文しています。Amazonは関税込みの価格なので、事前に支払いができること、日本と変わらず1週間以内には届くのが魅力的。 目次を見る1 もいもい2 もこもこもこ3 いないいないばああそび4 だるまさんが・の・と5 しましまぐるぐる6 ...

ReadMore

タイトル

-0歳, 1歳
-

Copyright© Little T-Rex!海外出産×男の子育児×夫婦 , 2020 All Rights Reserved.