パソコンのこと

パソコンの下の部分(タスクバー)に追加・削除・非表示する方法

まめこ
よく使うアプリをパソコンの下のラインに並べたい

パソコンのデスクトップにある下のライン(名称:タスクバー)↓

にアイコンを固定して、いつでもすぐに色々開けるように設定していきたいと思います。

この記事におすすめな人

  • タスクバーに追加、固定させたい人
  • タスクバーを整理したい人
  • そもそもタスクバーを非表示にさせたい人

割と簡単に数秒でできます。

タスクバーに固定・追加する

一番簡単な方法は、デスクトップ上にある「固定したいアイコン」をクリックして、いつも通り開きます。

そうすると、タスクバーにアイコンが表示されるので「追加したいアイコンの上にカーソルを持ってきて、マウスを右クリック」>「タスクバーにピン留めする」をクリック。

追加されました。

これで、開いていたアプリを×で閉じても、タスクバーにはアイコンが残ります。

タスクバーのアイコンを消したい

初期設定や、パソコンを購入したばかりの際は、たくさん不要なものがタスクバーに残っています。

不要なものは消して整理したい場合は、そのまま「不要なアイコンの上にカーソルを合わせて、マウスを右クリック」>「タスクバーからピン留めを外す」をクリック。

で完了です。

タスクバー事態を非表示させたい

通常・表示ありの状態
非表示の状態

ディスプレイの小さいタイプのパソコンの場合、タスクバーを非表示にして表示部分を広く確保することで、WEB閲覧や作業がしやすくなるメリットがあります。

マウスのカーソルを下の縁(下ならどこでもOK)に持っていくと、タスクバーがヒュッと出ます。

非表示の方法は、タスクバーの「空いてる部分を右クリック」して「タスクバーの設定」をクリック。

「個人用設定」>「タスクバー」が表示されるので、下までスクロールします。

「タスクバーの操作」をクリック。

「タスクバーを自動的に隠す」にチェック。

チェックを入れたらそのまま閉じてOKです。

タスクバーが非表示になりました。

やっぱり表示させたいという場合は、先ほどチェック入れた 「タスクバーを自動的に隠す」 のチェックを外せばOKです。

まとめ

2クリックで追加、削除ができるので、使いやすいようにカスタマイズしてみてください。

また、アイコンをクリックしたまま左右にずらすと並び替えも可能です!

普段よく使用するものや、ファイルは固定しておくと使いやすくなるかなと思います。

-パソコンのこと