ブログを始める準備 WordPressで始めるブログ

【2022年】WordPressのテーマとは?選び方と有料・無料のおすすめテーマ14選

2022年2月3日

【2022年】WordPressのテーマとは?選び方と有料・無料のおすすめテーマ14選
コマ子
ワードプレスのテーマって何?入れなきゃいけないものなの?

ワードプレス(WordPress)でブログや企業・飲食店でサイトをやっていくことが決まったら、次にやることはワードプレスの『テーマ』を決めることです。

ワードプレスでブログやサイトをするうえで、テーマ選びはとても大切な工程です。

テーマなしには、ワードプレスはできないんだ!

テーマを利用すると、HTMLやCSSなどのホームページやブログを作成するための専門知識無しに、プロのようなデザインでブログやサイトをスタートすることができます!

今回選んだWordPressのテーマの共通点は

  • モバイル・タブレット・パソコンのレスポンシブ対応(どのデバイスでも、きれいに見える設計であること)
  • 内部・外部SEO対策がしっかりしてあるもの
  • SNSボタン設置対応
  • テーマを入れるだけでデザインがある程度出来上がっているもの
  • HTML・CSSなどの知識がいらないもの

に絞って、おすすめのワードプレスのテーマを紹介していきます!

WordPressの「テーマ」って何?

ワードプレスのテーマとは、サイトのテンプレート(形式・形)にあたります。

ワードプレスを最初にインストールして始める際は、自動でワードプレスの開発チームが作成した「テーマ」が有効化されています。

基本的な内部の作りは決まっているため、テーマを切り替えるだけで記事の変更をすることなく、新しいデザインに切り替えることが可能になります。

例えば、こういった

メモ枠なんかもクリック一つで挿入できます。

ボタンの挿入も選択してクリックするだけ!

今すぐ申し込む

※マイクロコピーを書いてみよう

こういった便利な機能が各テーマには含まれており、使うテーマによって《使用できる機能が異なり》ます。

見た目の大枠のデザインだけではなく、記事を書くための便利な機能面についても要チェックです!

一から作成すると難しいホームページやブログも、テーマを利用することでブログやサイトの構築に時間をかけずに始めることが可能になるっていうこと!

テーマの選び方

「国産」のWordPressテーマを使う理由

ワードプレスが配布してくれているテーマを(管理画面の「外観」「テーマ」)無料で選択することもできます。

外国の方が作ったワードプレステーマなど、様々なテーマがありますが、アップデートのお知らせや、何を改善したのかなどが基本的英語になっています。

またサポート体制も英語なので、ワードプレスで何か困ったことが起きたときに対応できないなという方は、日本語サポートや日本語でのカスタマイズ方法が掲載されている「国産のワードプレスのテーマ」がおすすめです!

DEMOや着せ替えデータは要チェック

今回、紹介する各テーマのポイントを記載しています。

その中で「着せ替えデータ」ってのが出てくるんですが、元ある標準装備に対して「服を着せるように」好きなデザインに切り替えることができるテンプレートを無料で配布してくれていることです!

「この配置や配色が好きだな」と思ったら、それをそのままインストールすることで、同じような作りに1発で切り替えが可能です。

これはめっちゃ便利なので、各サイトの「着せ替えデータ」や「DEMO版」はしっかり確認してみてください!

まめこ
自分が好きなデザインであることが、続けるモチベーションの上でも一番大事!

何を目的に作成するのか

  • ブログを書きたい
  • アフィリエイトをやりたい
  • 集客に力を入れたい
  • 企業サイトを作りたい

など、大まかな目的や指針があると思うんですが、それに合ったテーマを選ぶことが大事です。

各テーマは、基本的に配布してくれているテーマの標準装備でも十分機能しているシステムを作ってくれています!

さらにそこから作りこむのは自分次第なので「専門知識がないな」「自分でやらなくちゃいけないな」ってときは、標準テーマ+着せ替えデータだけでもそれが実現可能なことなのか、をしっかり見極めることが大事です!

サイト概要見るポイント
ブログ今回紹介するテーマなら基本的どれでもOK!好きなデザインがあること
アフィリエイトアフィリエイトの広告リンクが貼りやすい。アフィリエイトにもおすすめのテーマ。リンクを貼るためのボタン装飾や囲みボタン、ランキング機能。有料テーマのほうが機能面豊富で使いやすい。
企業サイトLPサイト対応(ランディングページ)・ワイド機能・企業導入実績・会社用着せ替えテーマの有無

などがあげられます。

ユーザーが多い

「使用者の多いテーマ」=「検索ヒット数が多い」

これは検索に引っかかる(上位に表示される)とかではなく「何か困ったときに、検索をかければ解決する手段がたくさんある」ということです!

例えば、カスタマイズで調べたいなと思ったときに「テーマ カスタマイズ」で調べると

AFFINGER

551,000件ヒットします。

これは初心者ユーザーのみならず、10年使用している私でも困った時や、こうしたいなと思ったときの解決手段としてとても重宝します!

有料のWordPressテーマ

AFFINGER6/6EX/ACTION 14,800円(税込)

  • かわいい~かっこいい、信頼感のある企業サイト作成まで
  • よくあるブログデザインですが、何よりカスタマイズの柔軟性の高さと、アフィリエイター必見の機能がボタン一つで設置可能!
  • SEOに強く上位表示されやすい
  • 着せ替えデータが豊富

使用者も多く、カスタマイズの情報に関して言えば圧倒的な情報量を誇るWordPressのテーマです。今なら「初心者にうれしい、WordPressで作る記事作成ガイド」付き!

\ テーマのダウンロードはこちら /

SANGO 11,000円(税込)

  • 開設して1年で200万PVを超えたサルワカさんのノウハウをぎゅっと詰め込んだテーマ
  • イラストのアイキャッチ画像がよく映える柔らかくて、かわいい系のテーマ
  • Googleが推奨するマテリアルデザインを採用
  • 30種類以上の「見出し」「ボックス」「ボタン」のデザインが選べる

有料テーマの中では、価格帯が低くコスパが最強。内部SEOがしっかりしていて、柔らかい雰囲気をだしたいブログやアフィリエイターにおすすめ。

\ テーマのダウンロードはこちら /

JIN(ジン)14,800(税込)

  • 月100万円を超えるアフィリエイターがアフィリエイトのノウハウを凝縮して作成したテーマ
  • 書く人も読む人も見やすい、飽きのこないデザイン設計
  • 着せ替えデータが豊富

JINを使用している人をよく見かけるんですが、とにかくサイトの見易さが魅力!DEMOは必見!

\ テーマのダウンロードはこちら /

THE THOR 16,280円(税込)

  • デザイナーが作成した、洗礼された「デザイナーズサイト」
  • クリックだけでデザインが作れる
  • デザインの着せ替えが豊富で、すでに洗礼されたオシャレな形になっているので、すぐに見栄えのいいサイトに作成したい人におすすめ。
  • わからないときに聞ける会員制のフォーラムがある
  • 着せ替えデータが豊富

ちょっと素人感が出るのが嫌だな、素人感が出るなというときにおすすめしたいWordPressのテーマです。

\ テーマのダウンロードはこちら /

STORK19 11,000円(税込)

  • モバイルファースト設計
  • 誰が使用しても美しいデザインに
  • 必要最低限の4機能にすることで、初心者でもわかりやすい必要な機能のみに絞った使いやすさ
  • ビジネス要素に必要不可欠な機能も搭載

ブログ・アフィリエイター問わず、LPやフルワイド設計など、中小企業や個人事業主にも洗練された素人感の出ないデザイン設計が魅力!

\ テーマのダウンロードはこちら /

スワロー 9,900円(税込)

  • ブロガー専用のテーマ
  • 必要最小限のもののみを採用
  • スマホでの見易さ・機能にこだわったモバイルファースト設計
  • ※クラシックエディタをベースにしたデザインなので、最新版は「STORK19」になります

STORK19と同じ開発者で、プロブロガーの八木さん監修のもと作成されたテーマなので、無駄な機能やデザインをそぎ落とした洗練されたシンプルなWPテーマ。

\ テーマのダウンロードはこちら /

SWELL 17,600円(税込)

  • 無料お試し版あり
  • ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応
  • かわいい~シンプル美まで機能性を兼ね備えたテーマ
  • マウスクリックだけで、コンテンツを配置できる
  • 着せ替えデータが豊富

価格帯は高いけど、マウスクリックのみで直感的に記事が書ける機能性がすごい!※公式ページに動画が載ってます

\ テーマのダウンロードはこちら /

Emanon 9,800円~(税込)

購入価格 ブログ専用 9,800円(税込)・ビジネスサイト 12,800円(税込)・プレミア 27,800円(税込)

  • WEB集客機能が充実
  • シンプルかつ上品なテーマ
  • メールフォーム付きのランディングページの作成が可能

個人事業主や中小企業におすすめのWPテーマ。

\ テーマのダウンロードはこちら /

賢威 27,280円(税込)

  • SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチームが開発
  • 賢威フォーラムによるサポートがある
  • WordPressだけではなくHTML版でも利用可能

ブログ、アフィリエイトのみならず、起業ホームページとしても有名なWordPressとホームページ作成のテンプレートパック。

\ テーマのダウンロードはこちら /

無料のWordPressテーマ

Xeory(セオリー)

  • バズ部さんの運営ノウハウを生かしたワードプレステーマ
  • 良質なデザイン
  • サイト型・ブログ型の2種類あり
  • LP作成も可能

特にサイト型は無料でこのクオリティーなのがとにかくすごい!

\ テーマのダウンロードはこちら /

Cocoon(コクーン)

  1. シンプルなテーマ
  2. AMPでもほぼほぼ見た目が変わらない作り
  3. Googleアドセンスも簡単に設置可能
  4. Amazonや楽天の商品リンクもショートコードで簡単設置
  5. ランキング作成機能
  6. カラーデザインの着せ替えが97種類!

サイトの左側にある「スキン動作DEMO」で見ることができます!

一瞬で好きな統一したデザインに切り替えれるのは、初心者ブロガーさんにはおすすめの機能。また無料ながら、アフィリエイトにおける機能が揃っているのも魅力!

\ テーマのダウンロードはこちら /

Simplicity

  1. これから始める人は、Simplicityの後継テーマである「Coccon」がおすすめ
  2. とにかくシンプルなテーマ
  3. AMP対応
  4. スキン機能で着せ替えが簡単

これから始めようとしている人は、ワードプレスのバージョンとの相互性により、できる限り新しいテーマを利用するのがポイントです!

\ テーマのダウンロードはこちら /

LIQUID PRESS

LIQUID PRESS
LIQUID PRESS
  1. 無料~有料あり
  2. シンプルでかっちりはまったテーマ
  3. LPサイトにも対応※有料
  4. 実際のデザインを見ながらサクサク編集が可能
  5. Bootstrap4で新たに設計されたカード型UIを採用

有料テーマの企業サイトはしっかりとしたデザインテーマとなっています!

\ テーマのダウンロードはこちら /

Lightning

  1. ビジネスサイトにおすすめ
  2. Bootstrap対応
  3. +プラグイン「Lightning G3 Pro Unit」を購入することで、企業イメージに合わせたデザインの購入も可能!

企業や個人事業主・飲食店などの利用率が高いWPテーマ。

\ テーマのダウンロードはこちら /

まとめ

気に入った・気になるテーマはありましたか?

今回の記事内容は

  • ワードプレスのテーマとは
  • ワードプレスのテーマの選び方
  • ワードプレスの有料テーマのおすすめ
  • ワードプレスの無料テーマのおすすめ

でした!

無料でもクオリティーの高いテーマも多いですが、やっぱり機能面からみると有料テーマのほうが、欲しいものが取り揃っているイメージがありました。

個人的にブログを始めたい友達に進める、自分で使いたいテーマは

無料なら

が使いやすくて、初心者でもアレンジがしやすかなと思います!

まめこ
配色とかって難しくて、イラスト・写真のアイキャッチどちらでも合わせやすくて、自分のセンスが問われないテーマが魅力的

本気で「稼ぐ」なら!

WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」

テーマ内の標準機能だけで
自由自在にカスタマイズが可能!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まめこ

【ブログ歴10年】

これからブログを書いてみたいなという人に向けて『ブログを始める手順』『ブログについて』や知っておくと便利な『おすすめツール』の紹介しています。

夫について行き海外生活スタート▸出産▸現在3歳の息子と在宅での生活

子育てのかたわらでも、場所や時間にとらわれない働き方を目指して発信していきます!

-ブログを始める準備, WordPressで始めるブログ
-,